カマタ_クーチとは?

大田区蒲田の木造家屋が密集するエリアに突然現れるひらかれた空き地と路地。私有地のようだけど自由に行き来できてしまう「カマタ_クーチ」名付けられたこの場所は、木造密集地域において「まちの隙間」を様々な活動や繋がりを創り出す可能性のある空間として、地域に開かれた使い方を探求する社会実験プロジェクトです。木賃アパート再生に取り組む「NPO法人モクチン企画」のオフィスや、「デザインの寿命を長くする。」を合言葉に屋外広告を再利用してプロダクトを制作するデザインチーム「蝉semi」の店舗兼工房「Semi Flagship Store Tokyo」があります。今後もエリアを拡張し、少しずつ面白いプログラムやクリエイターのお店やオフィスを増やしていく予定です

蝉 semi

カマタクーチニバン

モクチン企画

カマタクーチイチバン